ブログタイトルを決められない

好きなことや嫌いなことを書きます

好きな絵本の話

私の好きな絵本3つ挙げるとしたら、

 

からすのパンやさん

からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))

からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))

 

こぶたはなこさんのおべんとう

こぶたはなこさんのおべんとう

こぶたはなこさんのおべんとう

 

 ぐりとぐら

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

 

 

あと、今思い出したけど

ケーキがやけたら、ね (児童図書館・絵本の部屋)

ケーキがやけたら、ね (児童図書館・絵本の部屋)

 

この絵本もものすごく好き。

みんなで材料集めてきてケーキ焼くやつ。

 

全部昔からある絵本だし、読んだことある人たくさんいるんだろうけど、ものの見事に小麦粉まみれ。

なんなんだこのラインナップ。

 

今、私はパン焼いたり料理したりすることが本当に好きで好きで仕方がないんだけども、昔好きだった絵本って、今こうして並べてみるとものすごく影響を受けているものなんだね。

小学生の頃からお菓子焼いたりするの得意だったし、パティシエになりたい!とか思っていたけど、こういう絵本を見て、「お菓子=買ってきて食べるもの」ではなく、「お菓子=粉から作れる」という図式が無意識のうちにできあがっていたのかもしれないね。考えすぎですか。ええ。

 

まあ、他にも私の叔母が小洒落たお菓子やパンを作るのがとても上手な人だったり、祖父母が飲食店やっていたり、影響を受けているのは絵本からだけではないのだと思うけど、まあそんな話。